姓氏類別大観

【清和源氏義隆流】
 源義家の七男義隆は、父義家の陸奥守にちなみ陸奥七郎と称する。
 信濃国佐久郡茂理郷を本拠として、森冠者を名乗ったが、再び上洛して平治の乱で戦死する。
 嫡男頼隆は、茂理郷を伝領するほか若槻荘を領有して「若槻」姓を名乗る。 次の代で二流に分流する。
 大名家としては森氏(播磨赤穂藩主家と播磨三日月藩主家)が明治に至る。

【森氏】【若槻氏】【押田氏】【若月氏】【多胡氏】【高松氏】【毛利氏】
※下総千葉家臣で後小田原北条家臣のの【押田氏】は押田頼広の裔と伝える。
※上記の他、
【大滝氏】【稲守氏】【稲森氏】は義隆流を称する。
※若槻氏には
【和歌月氏】【輪形月氏】【輪賀月氏】などの標記がある。  

 若槻・若月一族 (1980年)


《森 氏》                       義隆流トップへ戻る

【森氏】【上野氏】【笠合氏】【戸田氏】
※上記の他、
【守能氏】は森氏族を称する。 

 森一族のすべて


《森 氏(重泰以降/可房以降)》               森 氏へ戻る

【森氏】

戻る