姓氏類別大観 

【宇多源氏】
 宇多天皇より出た源氏で、敦実親王の後裔が最も栄え、庭田家綾小路家五辻家大原家慈光寺家の堂上家が成立する。 敦実親王の四世孫成頼は近江に下向し、武家として蒲生郡佐々木荘を本拠とする。
 治承4年の源頼朝による平家討滅で軍功を挙げて、十五カ国の守護職を佐々木一門で占める程、全国的に勢力を拡大している。 宇多源氏は近江源氏とも呼ばれ、佐々木氏流は後に京極氏流と六角氏流に分かれる。
 後世の大名家の建部氏、朽木氏、京極氏(4家)、黒田氏(2家)、亀井氏、谷氏は宇多源氏を称する。

【桂氏】【玉利氏】

《公家宇多源氏》                   宇多源氏トップへ戻る

【綾小路家】【庭田家】【大原家】【五辻家】【慈光寺家】【三条(二条)氏】
【尾張氏】【佐々木野氏】【田向氏】【一木氏】【葛岡氏】【灰塚氏】【春日氏】【中川氏】
【北小路氏】【三木氏】【西五辻氏】


戻る