姓氏類別大観 

【桓武平氏忠正流】
 忠盛の弟、清盛の叔父、右馬助忠正は保元の乱で崇徳上皇方に従い敗戦後、子息等と共に六条河原において斬首される。 孫の長光は乱後、母とともに伊賀に逃れて以後は服部を称する。後裔は江戸幕臣となる。
 ほかの孫衡盛は大和国吉野に居たが、陸奥国岩手郡に下向、戸沢に住して後裔は出羽新庄藩主家となる。
 また寛政系譜の良文流に収める中根氏は、実は保元の乱を避けて三河国道根郷に蟄居した忠正が末男七郎正持であり末裔の正行が松平清康に仕えて中老となり子孫は江戸幕臣となる。

【服部氏】【狛山氏】【戸沢氏】【大久保氏】【中根氏】
※上記の他
【高松氏】【川井氏】【樋口氏】【城取氏】【田代氏】は戸沢英盛の裔。

戻る