姓氏類別大観 

【淡海氏/春原氏】
 天智天皇及び弘文天皇が淡海大津宮を皇都としたことに因み、両天皇の皇裔の多くが淡海真人を賜姓される。
 池辺王の子の三船王は出家後して元開と称するが、天平勝宝3年(751)還俗して淡海真人姓を賜り、押勝の乱鎮定に功により勲三等、諸官歴任して大学頭兼文章博士に至る。 
 施基親王の裔五百枝王は臣籍降下して春原朝臣姓を賜う。 後裔は上御霊社社家となる。
 江戸時代の春原民部信直は、闇斎派神道学者として名高い。
 

《天智帝裔氏族綱要》
【淡海氏】【永世氏】【大友氏】【近江氏】
【奥岡氏(王来王家氏)】は弘文天皇の後裔と伝える。

《施基親王裔》                 淡海氏/春原氏トップへ戻る

【志賀氏】【惟原氏】【春原氏】【広根氏】【佐保氏】【美海氏】【山科氏】【長井氏】
【岡原氏】

《春原氏》                        施基親王裔へ戻る

【春原氏】【出雲路氏】【栗栖野氏】【錦部氏】【小栗栖氏】【小野氏】【密蔵院氏】
【中川氏】【桃井氏】【岩橋氏】【藤森氏】【寺内氏】

戻る