姓氏類別大観 

【吉備氏】
 孝霊天皇の皇子吉備津彦命は四道将軍として異母弟の若建吉備津彦命とともに吉備国へ派遣される。
 その後、吉備国に留まり吉備氏族として繁衍して下道、上道、賀陽、三野、笠、苑などの諸氏に分流。
 後裔の吉備真備は養老元年留学生として入唐、帰朝後は朝廷内に重きをなし従二位右大臣まで昇る。
 下道国造家が真備以降は吉備朝臣姓を賜り改称する。

 

《吉備氏族初期綱要》
【苑氏】【園氏】【薗氏】【下道氏】【吉備氏】【岡田氏】
※上記の他
【宇自可氏】【牛鹿氏】【春庭氏】【笠氏】が彦狭島命の裔。
 吉備津彦命の正体

《吉備氏》                                   吉備氏トップへ戻る

【下道氏】【吉備氏】【岡田氏】【野嵜氏】【中田氏】【矢部氏】【横谷氏】【帯江氏】
【長谷川氏】【朝倉氏】
※備中の【妹尾氏】は、吉備兼門の孫と伝える。 ※以上の他、【武智氏】【古氏】が吉備氏族。
 天平に輝く吉備真備公  吉備真備 天平の光と影  吉備真備陰陽変

《妹尾氏》                                   吉備氏へ戻る

【妹尾氏】

戻る