姓氏類別大観 

【越智氏】
 孝霊天皇の第3皇子伊予皇子の子、越智王子にはじまる伊予の小千国造、伊予大領として伊予国越智郡に古代以来の勢力を持っていた。 また大三島大山祇神社の祭祀を行い、一族は土佐、日向から信濃、大和、越前、尾張まで広範囲に広まる。風早郡河野郷に住した越智玉澄の後裔は「河野」姓を称して、子孫は瀬戸内海の水軍としても活躍して、治承の乱以降は源氏方として軍功をたてている。
 後世の武家越智氏は、大名家として一柳家(2家)、久留島家、稲葉家(3家)が明治に至る。
 明治の俳人として著名な正岡子規は、河野親経の弟北条康孝の子経孝を祖とする松山藩士正岡隼太の子である。
 

《孝霊帝裔氏族綱要》
【豊国氏】【豊氏】【日下部氏】【小市氏】【伊豆部氏】

《越智氏》                        越智氏トップへ戻る

【越智氏】【石田氏】【寺町氏】【弘田氏】【児島氏】

《伊予北条氏》                        越智氏へ戻る

【北条氏】【河野氏】【大内氏】【出淵氏】【仙波氏】【福角氏】【久枝氏】【高井氏】
【浮穴氏】【白石氏】【四井氏】【田窪氏】【遠藤氏】【垣生氏】【滝口氏】【浅海氏】
【難波氏】【正岡氏】【寺路氏】【石崎氏】
 正岡一族 (1985年) 正岡子規

《三島大祝家》                        越智氏へ戻る

【大井氏】【神野氏】【山本氏】【宮脇氏】【島山氏】【弥熊氏】【高橋氏】【庄林氏】
【鳥生氏】【別宮氏】【三島氏】
 瀬戸内風土記―大山祇神社をめぐって (風ブックス) 三島大祝家譜資料―三島家蔵版 (1984年)

戻る