姓氏類別大観 

【紀 氏】
 武内宿禰の子の木角を祖とするが、外家が紀国造家だったことから紀姓を嗣いだものと思われる。 古代は鎮守府将軍を出すなど軍事面で活躍する傾向が目立っていたが、平安時代に入り藤原氏が朝廷の要職を独占するにつれて、子孫は政界より神職や文人として活躍するようになる。 後世の武家紀氏は、大名家として堀田家(3家)が明治に至る。 
 

《武内宿禰氏族綱要》

【波多氏】【淡海氏】【近江氏】【林氏】【道守氏】【長谷部氏】【平群氏】【額田氏】
【味酒氏】【江沼氏】【射水氏】
※波多氏は【羽田氏】【八多氏】【八太氏】などの表記あり。

《紀氏族綱要》                   武内宿禰氏族綱要へ戻る

【紀氏】【角氏】【譯氏】【掃守田氏】【佐婆部氏】【刈田氏】【平群紀氏】【武内氏】
【木下氏】【菅谷氏】
※上記の他【中上氏】が香椎社家武内氏より分かれる。


《紀 氏》                        紀氏族綱要へ戻る

【紀氏】【松永氏】
※上記の他、【小泉氏】【臼木氏】【吉懸氏】【堀山氏】【稲垣氏】【満賀野氏】は紀貫之十六世孫藤能の裔を称する。 
 紀貫之

戻る