姓氏類別大観 

 
【中原氏】
 安寧天皇の第3皇子、磯城津彦命の後裔の十市宿禰有象が中原姓を賜姓されたことに始まると伝える。
 子孫は大外記、少外記を世襲職とする。 また明法道、明経道の家としても著名である。
 堂上家には列していないが、地下家としては、押小路、平田、山口、志水などの家がある。
 平安時代末に中原広季の養子となった親能は、異母兄弟の広元と共に鎌倉幕府に参画し、親能の養子能直は豊後守護として下向して大友氏の祖となる。 
(中原氏閨閥図)
 異流中原氏として崇峻天皇裔の
江州中原氏があるが、仮冒は明らかで舎人親王裔中原真人長谷に始まる。
 

《安寧帝/懿徳帝裔氏族綱要》
【血沼氏】【多遅麻氏】【猪使氏】【新田部氏】【十市氏】
※太宰少典勝良が末孫多賀高信を京極高忠が継ぎ、宇多源氏【多賀氏】となる。

《有象系中原氏》                      中原氏トップへ戻る

【中原氏】【藤原氏】【平氏】【坂上氏】

《中原氏(親能以降)》                    有象系中原氏へ戻る

【中原氏】【淵名氏】【大友氏】【久保氏】【得永氏】【元吉氏】【鷹尾氏】【高尾氏】
【豊前氏】【田中氏】【藤北氏】【藤原氏】【摂津氏】【三池氏】【門司氏】【田村氏】【築井氏】
【立石氏】【古庄氏】
※上記の他【下郡氏】【鶴見氏】【帯刀氏】が得永時直の裔。

《中原氏閨閥図》                      中原氏トップへ戻る

 鎌倉争乱と大江一族 大江広元改姓の謎 豊後 大友一族

戻る