姓氏類別大観 

【多 氏】
 最古の皇別であり神武天皇の皇子、神八井耳命の後裔が多姓を賜うに始まる。   神武帝閨閥図
 阿蘇国造家や科野国造家(金刺氏)などは同族であり、子孫は全国的に繁衍する。
 後裔の太朝臣安麻呂は古事記、日本書紀の撰者としてあまりにも有名である。
 また楽家多氏も政方に至って世に著われ、孫の資忠は稀代の名手として謳われる。 
 
《多臣族綱要》

【小泊瀬氏】【日下部氏】【茨田氏】【志紀氏】【紺口氏】【江氏】【小子部氏】【豊島氏】
【岡橋氏】【火氏】【忠世氏】【大分氏】【奴留島氏】【漆島氏】【鶴見氏】

※上記の他
【草部氏】は建草辺命裔、【下家氏】は下家連の裔、【松津氏】は松津首の裔、
【都祁氏】は闘鶏国造裔。また淡路の【井内氏】甲斐の【飫富氏】も多臣族と伝える。


《神武帝閨閥図》                   多氏トップへ戻る


《多 氏》                      多氏トップへ戻る

【多氏】【太氏】【辻氏】

戻る