姓氏類別大観 

【阿蘇氏】
 最古の皇別である神武天皇の皇子、神八井耳命裔の多氏と同族。 阿蘇国造家の後裔は阿蘇神社を奉斎する。
 南北朝時代は一時三分裂した後、惟澄、惟武等が南朝大宮司、惟時、惟村等が北朝大宮司として並立する。
 やがて北朝に統一され武家大宮司となるが、天文以降は大友氏、島津氏、豊臣氏の攻撃を次々に受け、文禄2年惟光が謀殺されて大宮司家は一旦滅びる。
 その後加藤清正の肥後入部により、大宮司が復活されて明治に至る。
 

《阿蘇国造家》
【阿蘇氏】【穴穂部氏】【宇治部氏】【宇治氏】【阪谷氏】【高木氏】【猿渡氏】

《阿蘇大宮司家》                   阿蘇氏トップへ戻る

【宇治氏】【光永氏】【阿蘇氏】【竹永氏】【津屋氏】【中村氏】【上島氏】【宮西氏】
※上記のほか、阿蘇氏の支族として【土田氏】【竹崎氏】【子守氏】など。

《阿蘇大宮司家(惟景以降)》               阿蘇大宮司家へ戻る

【阿蘇氏】【恵良氏】【宇治氏】【坂梨氏】【阿蘇品氏】【菊池氏】【赤星氏】

戻る