姓氏類別大観 

【蘇我氏/石川氏】
 孝元天皇の後裔、武内宿禰を祖とする。 大和国高市郡蘇我邑発祥。
 また武内宿禰三男の蘇我石川宿禰は河内国石川別業に生まれた由来による。 蘇我満智の頃から朝廷の財政権を握り、代々天皇家の外戚となることにより朝廷における権力を確立。
 しかし、蘇我蝦夷は、推古、舒明、皇極の三朝の大臣として朝廷政治の専横を極め、子入鹿も権勢を振るったことから中大兄皇子および中臣鎌足により誅される。
 大化改新後、倉山田石川麿が右大臣に任命されるが、異母弟日向の讒言により滅ぼされる。左大臣赤兄も壬申の乱で流罪となり、蘇我氏は没落する。 (
蘇我氏閨閥図
 以降は、安麻呂の後裔石川氏が蘇我本流となり、元慶元年(877)宗岳朝臣を賜姓、地下家の宗岡宿禰は後裔。
 蘇我一族の末裔は土佐、阿波ほか津軽から九州に至る広域に分布する。

【蘇我氏】【高向氏】【川辺氏】【境部氏】【岸田氏】【桜井氏】【小治田氏】
【田中氏】【久米氏】【倉山田石川氏】【惟宗氏】

※川辺氏は
【河辺氏】の表記も有り。【沼田氏】【箭口氏】【御炊氏】は蘇我石川宿禰の裔と伝える。

 謎の豪族 蘇我氏 蘇我氏四代―臣、罪を知らず


《蘇我氏閨閥図》                蘇我氏/石川氏トップへ戻る


《石川氏/宗岡氏》               蘇我氏/石川氏トップへ戻る

【石川氏】【箭口氏】【宗岳氏】【宗岡氏】【青木氏】【三宅氏】

戻る