姓氏類別大観 

【上毛野氏/下毛野氏】
 崇神天皇は全国に四道将軍を派遣したが、治安の悪い東国には長皇子の豊城入彦命を上毛野に常駐させる。
 景行天皇時代に孫の彦狭島命は東山道十五国都督となり、嫡孫は東国に繁栄する。
 後裔の上毛野稚子は征新羅将軍として白村江の戦いに出陣するなど、名門武将家として活躍している。
 天武天皇時代の下毛野子麿(参議)、大野東人(参議)等を最後に歴史上からは足跡が霞むが赤城郡司として系を伝え、赤城神社社務家の奈良原氏、真隅田氏は末裔である。
 ほかに商長姓花ケ前家は越後居多神社社務家として現代に至る。
 

《崇神帝裔氏族綱要》
【能登氏】【物部氏】【吉弥侯部氏】【韓矢田部氏】【車持氏】【止美氏】【村挙氏】
【垂水氏】
※上記の他【大綱氏】が賀表真稚命の裔、【佐自努氏】【広来津氏】【聟木氏】が大荒田別命の裔、
【珍努県主】【葛原氏】が御諸別命の裔、【軽部氏】が八網田命の裔、
【茨木氏】【丹比部氏】
が豊城入彦の裔。

《上毛野氏》               上毛野氏/下毛野氏トップへ戻る

【上毛野氏】【奈良原氏】【真隅田氏】【陵辺氏】【田辺氏】【河合氏】【池田氏】
【上毛野坂本氏】
※上記の他【佐代氏】【高瀬氏】【奥氏】【根来氏】【中氏】【口氏】が池田氏と同祖、
【住吉氏】【池原氏】【桑原氏】【佐味氏】【佐位氏】【石上部氏】【賀美氏】【下養氏】【名取氏】
が竹葉瀬の裔。


《下毛野氏》               上毛野氏/下毛野氏トップへ戻る

【下毛野氏】【大麻績部氏】【吉弥侯部氏】【大野氏】【壬生氏】
※他に【調子氏】が下毛野氏裔。

戻る