姓氏類別大観 

【藤原氏伊周流】
 中関白道隆の長男、伊周の後裔惟康は外戚に養われて三河国高橋庄領主となる。
 親家の代に駿河国駿東郡鮎沢庄大森に住して大森を称し、後裔頼春は禅秀の乱で功をあげて小田原城主になり発展する。室町末期の藤頼に至り北条早雲に破れて滅亡して一族は全国に四散する。
 惟康の系統は、大森氏族とも呼ばれ、大名家の米津氏(長瀞藩)はこの末裔と称する。
 旧説で伊周流とされている
児玉党 は、外戚関係により有道姓から藤原姓に改姓したものと思われる。

【上野氏】【大沼氏】【里島氏】【河合氏】【菅沼氏】【北条氏】【神山氏】
【相田氏】【平和田氏】【沓間氏】【米津氏】【黒田氏】【三雲氏】

《鮎沢氏/葛山氏》                     伊周流トップへ戻る

【鮎沢氏】【葛山氏】【岩城氏】【御宿氏】【宮原氏】【黄加野氏】【山戸林氏】
【篠葉氏】【平山氏】【葦沢氏】

《大森氏》                         伊周流トップへ戻る

【大森氏】【安野氏】【藤曲氏】【藤田氏】【菊池氏】【佐久間氏】【平塚氏】
【難波田氏】【飯田氏】

戻る