姓氏類別大観 

【藤原氏兼通流】
 師輔の二男兼通に始まるこの流は、弟兼家との中が悪く兼通没後は子息が摂関の地位に就けずに子孫は衰頽する。
 大名家の本多氏は、兼通12世孫の助秀が豊後国本多に住し「本多」姓を名乗るに始まる。
 助秀の子助定は足利尊氏に仕えて、尾張国横根郷、粟飯原郷を領し、孫の時代に三河に出て松平家に仕えて関ヶ原以降明治にいたる迄、徳川家の譜代大名としての地位を得る。

【石井氏】【小坂氏】【山谷氏】【井下氏】

《本多氏》                                      兼通流トップへ戻る

【本多氏】【名和氏】【鈴木氏】【立花氏】【勝氏】【藤田氏】

戻る