姓氏類別大観 

【藤原氏実頼流】
 貞信公忠平の長男実頼は、洛外愛宕郡の小野宮に住して小野宮を称号とする。
 この家系は小野宮家流とも呼ばれ、実頼の著書「水心記」、実資の日記「小右記」は著名である。
 鎌倉時代に石見守護として下向した益田氏の御神本氏族は、藤原姓を称して実頼の後裔を称する。

【小野宮氏】【田村氏】【桜山氏】

《御神本氏/益田氏》                    実頼流トップへ戻る

【御神本氏】【益田氏】【沢井氏】【赤雁氏】【栗山氏】【黒谷氏】【周布氏】
【杉岡氏】【末元氏】【丸毛氏】【丸茂氏】【多根氏】
※御神本氏は【三神本氏】の表記も存在する。※上記の他【小道氏】は益田兼季の裔、
【鳥居氏】【福光氏】【安富氏】が周布氏支流、【佐波氏】【佐和氏】【桜尾氏】が御神本氏族。


《三隅氏/福屋氏》                   御神本氏/益田氏へ戻る

【三隅氏】【鳥屋尾氏】【井村氏】【野上氏】【永安氏】【竹彦氏】【長安氏】
【福屋氏】【高野氏】【高子氏】【市木氏】【堀氏】【福光氏】【横道氏】【井田氏】

戻る