姓氏類別大観

【大伴氏/伴氏】
 高皇産霊命の五世孫、天押日命は天孫降臨に従い、また天押日命四世孫の道臣命は神武天皇東征に従い、古代の朝廷における軍事面を担当して大伴大連姓を名乗る。 弘仁2年に大伴皇子の名を避け伴氏に改姓。
 応天門の変で大納言伴善男が罪を問われて流罪となり、一族は連座により没落する。
 善男の裔と称する鶴岡八幡宮社職家のほか、近江、三河、甲斐、大隅に伴氏族が多く分布する。
 空海の本姓佐伯氏は、大伴金村の弟の歌連を祖と伝える。

《高皇産霊尊裔氏族綱要》

【三宅氏】【大伴部氏】【鴨氏】【賀茂氏】【葛城氏】【御春氏】
※上記の他
【長岡氏】【川野氏】【稲部氏】【赤須氏】【小出氏】【小町谷氏】は八十上都彦の裔、
【久我氏】は天神立命の裔。 

 神武太平記 道臣命在世記

《大伴氏》                     大伴氏/伴氏トップへ戻る

【大伴氏】【林氏】【榎本氏】【呼氏】【丸子氏】【仲丸子氏】【伴氏】
【和佐氏】【小倉氏】
 大伴氏の伝承―旅人・家持への系譜

《佐伯氏》                         大伴氏へ戻る

【大伴氏】【林氏】【伴氏】【佐伯氏】【笠原氏】【波多野氏】【佐伯氏】【佐藤氏】
【大友氏】
※門跡分脈、雲上明覧によれば、空海の家系は景行天皇裔とする。 
 弘法大師空海の研究 空海

戻る