姓氏類別大観 

【三枝部氏】
 天津彦根命(凡河内氏と同祖)の裔孫、多祁許呂命の裔と伝える。顕宗天皇の時に三枝部連を賜う。
 後裔の守国は仁明天皇時の軍功ありて播磨国に領地を得るが、故ありて甲斐国山梨郡能呂に配流される。
 守国の子は、能呂、立河、林部、辻、石原、隠曽の祖なり、これに三枝を加えて三枝の七名と言われる。
 三枝部氏の出自は開化天皇裔の丹波氏族の一支族が甲斐国造族となり、後世に三枝姓を称したと見る説も有力かと思われる

《三枝部氏初期綱要》
【丈部氏】【宗我部氏】【額田部氏】【湯坐部氏】【末氏】【膳大伴部氏】【馬来田氏】
【宮崎氏】【深河氏】【小林氏】【高市氏】【菴知氏】【薦集氏】【建部氏】【若舎人部氏】
【湯坐菊多氏】【湯坐日理氏】【宗何部氏】【周防凡氏】【周防氏】【壬生氏】【春山氏】
【三村部氏】【忌鍛冶部氏】【桑名氏】
※上記の他【額田部湯坐氏】【倭田中氏】【葦田氏】が美呂浪足尼裔。

《三枝部氏/三枝氏》             三枝部氏/三枝氏トップへ戻る

【三枝部氏】【福草部氏】【三枝氏】【立河氏】【林部氏】【林戸氏】【村戸氏】【石原氏】
【穏曽氏】【於曽氏】【岩脇氏】
※上述の他【能呂氏】【沓間氏】【久津間氏】【柏尾氏】【萩原氏】【窪田氏】【山下氏】【菱山氏】
【中田氏】【荻原氏】【高尾氏】【市野氏】【柏倉氏】【陰山氏】【松見氏】【福草氏】
などが
三枝部氏の後裔と称する。

《甲斐野呂氏》                 三枝部氏/三枝氏へ戻る

  
【野呂氏】【浦野氏】【輿石氏】【川北氏】【神戸氏】【葉山氏】【古屋氏】【宮田氏】
【八代氏】【上戸氏】【一宮氏】【石原氏】

戻る