姓氏類別大観 

【穂積氏】
 太古以来の大族で、物部氏と同族の饒速日命後裔で大和国山辺郡穂積邑発祥と伝えられる。
 伊香賀色雄命の子大水口宿禰の子孫が穂積臣、穂積朝臣を賜姓されるに始まる。
 後裔の紀州熊野系の穂積氏からは、熊野神社が全国に勧請されて大いに穂積姓鈴木氏が栄える。
 宇和島藩家老の子重樹は、明治維新後、穂積に復姓。

【穂積氏】【采女氏】【百谷氏】【宇井氏】
※他に
【宇殿氏】【熊野氏】【土居氏】【得能氏】【木原氏】【梅本氏】【羽鳥氏】【真砂氏】【久貝氏】
【鵜殿氏】【名手氏】【八月朔日氏】【八月一日氏】【保津氏】【木積氏】
等が穂積氏の後裔と称する。

 ウイウイエイ―熊野神社と宇井氏の系譜


《鈴木氏》             鈴木姓の県別人口分布表示   穂積氏トップへ戻る

【鈴木氏】【土居氏】【鞠子氏】【前田氏】【山村氏】
※他に【木村氏】【岡山氏】【寺井氏】【武山氏】【藤代氏】【寺部氏】【谷河氏】【渡里氏】
【本宿氏】
が穂積姓鈴木氏の後裔と称する。

 日本に「鈴木」はなぜ多い?―日本最多の「姓」に秘められた逸話
      穂積姓鈴木氏―紀州徳川二七〇年鈴木家系譜 (1982年)


《三河鈴木氏》                         鈴木氏へ戻る

【鈴木氏】

戻る