姓氏類別大観 

【弓削氏】
 物部守屋の後裔を称して河内国若江郡弓削郷を本貫とする。守屋の母姓弓削に因み後裔は弓削を称する。
 天平宝字五年、弓削道鏡は近江保良宮で孝謙女帝の病を癒して寵を受け、以後栄進して太政大臣禅師さらに法王まで昇るが、宇佐神託事件により失脚してその後下野薬師寺別当に左遷される。
 弓削道鏡の出自については、「公卿補任」、「七大寺年表」等に記載されている施基皇子の子とする皇胤説が存在する。

弓削氏】 ※他に【芦田氏】【枝吉氏】が明延裔、
【磯貝氏】【氷室氏】【弓削田氏】が弓削氏を称する。

※また、守屋の母姓弓削氏として弓削連(高皇産霊命裔)裔がある。

 弓削道鏡 (1962年) 弓削道鏡〈上〉 弓削道鏡〈下〉


《山崎氏》                     弓削氏トップへ戻る

【弓削氏】【山崎氏】

《弓削氏(多倍乎裔)》               弓削氏トップへ戻る

【弓削氏】【稲生氏】【多湖氏】【星合氏】【蟹江氏】
※他に【平岩氏】【長坂氏】【都築氏】は弓削是雄の裔、

戻る