姓氏類別大観 

【宮道氏】
 饒速日命を祖とする物部守屋の後裔(物部氏より分かれる)と称する。
 発祥地は三河国宝飯郡宮道郷と推定される。
 ほかに
日本武尊系宮道氏、大江姓説、春日氏族説、三枝別姓説など諸説が存在する。
 宮道彌益は宇治郡大領で、娘の列子は中納言藤原高藤の妻となり宇多皇后(胤子)を生む。
 宮道氏の後裔を称する蜷川氏は、宮道式宗の孫親直が越中国新川郡蜷川に住して称した。

【物部宮道氏】【宮道弓削氏】【弓削氏】【宮道氏】【太田氏】【蜷川氏】

 蜷川一族 (1984年) 遍歴の武家―蜷川氏の歴史的研究 (1963年)
       落日の室町幕府―蜷川親俊日記を読む



《宮道氏(日本武尊系)》                             
宮道氏へ戻る

【宮地氏】【宮道氏】

戻る