姓氏類別大観 

【尾張氏】
 天火明命の後裔で、崇神朝頃までは大和国葛城郡高尾張邑を本拠とする。
 以後は美濃、飛騨などに移居するが、14世孫
乎止与命が尾張国造となる。
 尾張の地名は、尾張氏の移住により生じたものと思われる。
 尾張国造の末裔は熱田大宮司となるが、後に藤原南家巨勢麿後胤の季兼が系嗣する。
  

《天火明命裔氏族綱要》

【海部氏】【五百木部氏】【磯城島氏】【笛氏】【若犬甘氏】【丹比氏】【高屋氏】
【石作氏】【桑内氏】【山辺氏】【六人部氏】【茨田氏】【川上氏】【工氏】【若倭部氏】

※上記の他【伊与部氏】【善道氏】【菱刈氏】が建斗米命裔、大原足尼命は〔筑紫豊国造〕の祖、
【水主氏】【雀部氏】【軽部氏】【蘇宜部氏】【三富部氏】は玉勝山代根古命の裔、
※籠神社祝家「勘注系図」は健田背命を笠津彦命の子とするが、いずれにしても系譜の錯綜が推測される。


《尾張国造家》                    尾張氏トップへ戻る

【尾治氏】【桧前氏】【若犬養氏】【久努氏】【太刀西氏】【日村尾治氏】【大海部氏】
【尾張氏】【海部氏】【来目氏】【玉置氏】【右木氏】【戸部氏】
※ほかに、尾張守などの職名や尾張の地名により、尾張氏を称する異流も頗る多い。

《尾張姓熱田大宮司家》                  尾張国造家へ戻る

【尾張氏】【馬淵氏】【押田氏】【額田氏】【大喜氏】【大原氏】【江崎氏】【田島氏】
【馬場氏】【藤江氏】【重松氏】【有藤氏】【板津氏】【落合氏】【樋口氏】【進士氏】

戻る