姓氏類別大観

【斎部氏】
 高皇産霊命(大伴氏の祖)の子、天太玉命の後裔で中臣氏とともに神事に携わった上古の大族である。
 始めは忌部首を称するが、古語拾遺の撰者である浜成に至り斎部宿禰に改称する。
 神武天皇時代に天富命は神皇産霊命(
度会氏、賀茂氏の祖)裔の天日鷲命を率いて阿波に赴き麻穀を播殖させ、更に阿波斎部を分かち東国に赴き安房斎部を成立させる。
 後世の斎部氏は次第に衰微して多くは神官として現代に至る。
 戦国大名織田氏は桓武平氏を称するが、織田神社神主家と同族の斎部氏説が有力である。
 

《斎部氏初期綱要》

【猿女氏】【忌部氏】【日置部氏】【白堤氏】【小山氏】
※上記の他に尾張大国霊神社正神主家が天背男命裔。

 大 麻と古代日本の神々 (宝島社新書)

《忌部氏嫡流》                     斎部氏トップへ戻る

【忌部氏】【斎部氏】【織田氏】【津田氏】【春原氏】【板垣氏】【出雲路氏】
※上記の他、丹波の【天田氏】、紀伊の【有井氏】【在井氏】【田屋氏】、薩隅の【淵脇氏】が忌部氏。
近江多賀神社山田神主家
【大賀氏】は斎部姓を称する。
また地下家の紀姓
【真継氏】は別勅により斎部姓を称する。  

 古語拾遺


《和泉穴師神主家》                  斎部氏トップへ戻る


《尾張大国霊神社正神主家》             斎部氏トップへ戻る

【久田氏】【野々部氏】【塩津氏】【塩川氏】

戻る