姓氏類別大観 

【土師氏】
出雲氏と同じ天穂日命の後裔、野見宿禰が垂仁朝に埴輪を制作して殉死に代えた功により土師職に任ぜられる。 三世孫身臣は仁徳朝に改めて土師連姓を賜う。河内国志紀郡土師里を本拠として土師神社を祭る。
 後裔が桓武天皇の遠戚となるに因り菅原、秋篠、大江(大枝)の三姓を分出して子孫は栄える。

【高草氏】【秋鹿氏】【民氏】【土師氏】【石津氏】【贄土師氏】【凡河内氏】【恵我氏】
【土師婆婆氏】【菅原氏】【秋篠氏】【大枝氏】【大江氏】

※上記の他
【八島氏】【蒔田氏】【万代氏】【神部氏】【千島氏】【庵原氏】【毛受氏】【御井氏】
土師氏裔を称する。

 野見宿禰と大和出雲―日本相撲史の源流を探る 相撲開祖野見宿禰と大和国出雲村 (1985年)
     野見宿禰墳墓の由来 (1981年)


戻る