姓氏類別大観 

【県犬養氏】  
 度会氏と同じ神皇産霊尊を祖とする天羽雷雄命の後裔と伝える。
 犬養部の一つである県犬養部を統率した氏族で、河内を本拠として右京にも移住する。
 壬申の乱に殊勲を立てた県犬養連大伴、手強に天武13年(684)に宿禰姓を賜る。
 和銅元年(708)美努王の妻三千代に県犬養橘宿禰を一代に限り賜姓され、神亀4年(727)三千代の奏言により支族にも宿禰姓の称姓を許される。
 
一族は奈良時代に大いに栄えるが、県犬養姉女の称徳天皇呪詛冤罪事件以降は衰退する。

【県犬養氏】【県犬養橘氏】【犬部氏】

戻る