姓氏類別大観 

【穴門国造】  
 
景行朝、天津彦根命(凡河内氏と同祖)の裔孫速都鳥命が穴門国造に任じられ、孫の践立が穴門直を賜姓される。
 応神朝頃より二流に別れて
葉古は神田直を賜姓。
 孝徳朝には住吉大社を奉祭して賀田直に改賜姓。
 後裔は長門住吉荒魂神社祠官家として奉祭する。宮成に至り山田太夫を称し山田姓を名乗る。
 平家が長門壇ノ浦で滅亡したのは、山田重貞の代である。

【穴門氏】【額田部氏】【神田氏】

《賀田氏/山田氏》                     穴門国造トップへ戻る

【賀田氏】【山田氏】【阿武氏】【中村氏】

戻る