姓氏類別大観 

【伊福部氏】
 物部氏と同族の饒速日命後裔で伊香色雄命の孫意布美に始まり、後裔は因幡の宇倍神社を奉斎する。
 意布美の父武牟口宿禰は、景行朝に日本武尊に陪従し、吉備津彦命、橘入来宿禰らと征西して因幡夷住山の荒海を征討する。
 成務朝に伊其和斯彦が因幡国造と系図にあるが、因幡国造は開化天皇皇子彦坐王後裔の家系である。
 平安京宮城十二門の一つ殷富門(旧名伊福部門)は、大化以前から門衛に奉仕してきた伊福部氏が蘇我入鹿誅滅に参加した功を記念して名付けられた。
 出自は因幡国造(大国主命裔)、武内宿禰裔、笛吹部裔、火吹部裔、息吹部裔、五百木之入日子の名代・子代部裔などの様々な異説が存在する。
 また現代に至るイオキべの末裔は、五百旗部、五百旗頭、五百木部などの表記も存在する。

【伊福部氏】【安田氏】【池淵氏】

戻る