姓氏類別大観 

【葛井氏/船氏/菅野氏】
 百済貴須王の孫知宗王(辰孫王)の後裔で、河内国藤井より興り、欽明朝に膽津は白猪史姓を賜ったが養老4年道麿は葛井連姓を改めて賜わる。 葛井氏の後裔としては、宮原宿禰、蕃良朝臣などがある。
 後世は藤井と称するものも存在する。(藤井姓の県別人口分布表示
 現在も大阪府を始め三重県や奈良県に葛井氏が多く、百済帰化族葛井氏の後裔と思われる。
 欽明天皇の勅に依り、船賦を計録して船長に任じられた王辰爾に船史姓を賜り、天武天皇12年に連姓を賜る。 船氏の後裔としては、津連、宮原宿禰、菅野朝臣などがある。
 菅野真道は参議大蔵卿へ栄進して、桓武天皇の勅命により続日本紀を撰集する。

【白猪氏】【葛井氏】【宮原氏】【蕃良氏】【船氏】【御船氏】【津氏】【菅野氏】
※ほか物部氏族の異流葛井氏がある。

戻る