姓氏類別大観 

【三宅氏】                              三宅姓の県別人口分布表示
 新羅の王子、天日槍命の後裔と称するが、孝霊天皇裔の吉備氏族説なども存在する。
 備前国児島郡発祥の南北朝時代の武将児島高徳を始め、豊臣時代の宇喜多氏などが著名である。
 また、千姫の大阪城救出で憤死した坂崎出羽守直盛が世に知られている。
 大名家の三宅氏(三河田原藩主)は、児島高徳の末裔と称する。
 
また、三宅の地名多く、周の霊王裔、多氏族、越智氏族など各地より発祥の異流三宅氏も頗る多い。 

【三宅氏】【小原氏】【和田氏】【射越氏】【松崎氏】

《三宅姓児島氏》                    三宅氏トップへ戻る

【児島氏】【三宅氏】【宇喜多氏】【坂崎氏】【小島氏】【山田氏】
※このほか、【中西氏】【今西氏】【大富氏】【小木曽氏】【紀見氏】などが三宅姓児島氏を出自とする。

 アメノヒボコと後裔たち 天勾践を空しうする莫れ (1982年) 太平記鬼伝―児島高徳
     宇喜多直家―秀吉が恐れた希代の謀将 悪いやつら―謀将・宇喜多直家 宇喜多秀家―備前物語
     宇喜多秀家―秀吉が夢を託した男 封じ込められた宇喜多秀家とその一族―豊臣五大老(戦国武将)


戻る