姓氏類別大観 

【八坂氏】
 斉明天皇2年(656)高麗の調度副使伊利須使主が来朝。
 新羅牛頭山(現:韓国江原道春川牛頭山)の素戔鳥尊を八坂郷に祀る。
 伊利須の子保武知は山城国愛宕郡八坂郷に居住、八坂造を賜姓。
 その後、神仏習合を受け天慶5年(945)祇園社(現・八坂神社)に改称、祭祀は八坂氏の後裔が務める。
 後裔の真綱に至り、紀長谷雄の曾孫忠方の娘を妻として、永保元年(1081)祇園社執行となる。

《素波己利裔(高麗帰化族)綱要》
【日置氏】【栄井氏】【鳥井氏】【吉井氏】【安川氏】【三統氏】【北川氏】
※上記の他【大狛氏】【和氏】が伊利須使主の裔。

《八坂氏》                    八坂氏トップへ戻る

【八坂氏】

《津島天王祠官家》                   八坂氏へ戻る

【八坂氏】【堀田氏】【大橋氏】【矢田氏】【源氏】【氷室氏】

戻る