姓氏類別大観 

 姓氏は皇別、神別、諸蕃のいずれかに属するが、系図、系譜、補任文書、伝記史料などに出自の記載が無い(いわゆる出自不詳)、複数の出自説があり判別が難しい等の場合は未定に収める。
   

【豊臣氏】

 本姓木下で近衛家の養子となり、関白任官と豊臣朝臣を賜姓。皇胤説や公卿落胤説は信じ難いが、高祖父国吉−吉高−昌吉−秀吉の通字が吉であることから橘氏の可能性が考えられる。

【尚氏】

 保元の乱に敗れた源為朝が琉球に上陸して、大里按司の妹を娶り生誕したのが舜天王との伝説が存在する。 現在の尚氏は第二尚氏と呼ばれ、舜天王とは別流である。

【湯浅氏】

 出自は紀伊国造族が有力だが、藤原氏秀郷流、清和源氏頼光流、桓武平氏良文流などの諸説が存在する。

【滋岳氏】

  刀岐直川人が滋岳朝臣を賜姓される以前の系譜は不明だが、直姓の家柄から天穂日命後裔の美尼布命に始まる二方国造一族との見方が有力である。

【田部氏】

 豊前発祥の田部勝の裔と思われ宇佐神官団に属して、平安時代に日向に進出して田部姓土持氏として活躍する。

【酒井氏】(酒井勝裔)

 豊前発祥の酒井勝の裔にして、大隅正八幡宮祠官修理所検校職を世襲。

 ※出自不詳について 

 人口の多い苗字ほど異流が多く、苗字によっては数十流から百流を突破するものもある。
 官職名や特殊な事由による苗字もあるが、90%以上が地名に由来している。
 居住地や領地を名字地として世襲するとともに名字を名乗り、更に自己の名字を移住地に命名する。
 尊卑分脈に記載される様な出自を持つ中央貴族の庶子は地方に下向して名字地を中心に武士団を構成して栄え、一族郎党や支配下の農民に苗字の下賜を盛んに行って著しく同苗が繁衍したのである。
 例えば第八位にランクされる中村氏は、日本地名索引によると中村地名が約200カ所を越え、各々の中村地名から中村氏が発祥しているわけで、源平藤橘の出自を持つ中村氏はもちろんのこと多くの出自不詳の中村氏まで異流中村氏が多く存在する。(例:中村地名と中村氏
 官職名系と思われる佐藤、斎藤なども各地に佐藤村、斎藤村が地名化して存在する。従って全国の佐藤さんがすべて藤原秀郷の末裔と考えるのはナンセンスである。
 発祥地は各人の努力で判明する可能性は高いが、出自不詳が圧倒的に多いのが現実である。

戻る